生活支援センターおはな

障がい者相談支援事業

地域で安心して暮らし続けるために、来談者の気持ちを慮り、一人ひとりの想いを支える。

市町村地域生活支援事業

社会福祉法人 在友会では、2015年4月より西和7町から障がい者相談支援事業の委託を受け地域にお住まいの方々から様々な相談をお受けしています。2017年4月より「生活支援センターおはな」を開所し地域の皆様にとって利用しやすく、より身近な相談窓口になれるようにという想いで日々の業務に取り組んでいます。障がい者相談支援事業は、障がいのある方等の福祉に関する問題や相談に応じて、必要な情報の提供・助言、障害福祉サービスの利用援助等の必要な支援を行います。また、虐待の防止や権利擁護を図るために関係機関との連携や連絡調整などを行なう市町村地域生活支援事業の必須事業の一つです。

最初の一歩は、しっかり耳を傾けて

「生活支援センターおはな」では、主に身体がい・知的障がいの方を対象に相談をお受けしています。(※手帳をお持ちでない方でも利用できます。)相談の内容は様々で、日中に働く場所や生活する場所を探したい、余暇を充実したい、自宅でずっと生活したい、家族に障がいがありこれからどうしたらいいか考えたい等々、一人ひとり違う色々な気持ちに出会います。私たちに出来る最初の一歩は、しっかり耳を傾けてなぜそのような気持ちになったのかを理解するところから支援をスタートしています。そうする事でその人にしかない、その人だけの想いに近づく事が出来るのではないかと考えているからです。お越しいただく方の中には、初めて福祉サービスを使うことになったという方も多く、福祉サービスがどういうものなのかをご紹介させて頂くところからスタートする事も多くあります。「初めてのことで何もわからない」という状況から、一人ひとりに合った情報を提供させていただき、「これから何をすればいいのかが分かった」と選択肢を拡げてもらうことが大切であると考えています。

「自分らしく地域で生活していく」という当たり前

「自分らしく地域で生活していく」という当たり前の事が一昔前は難しい時代もありました。昨今では法制度の整備も進み、重度な障がいがありながらも地域で生活をしている方も増えてきています。ひとりの想いを支える為に家族・知人・友人・ご近所・医療、福祉、教育、行政各サービス、等々…。様々な立場の人が支え手となる支援チームを作ることが大切です。「生活支援センターおはな」では、西和7町の地域自立支援協議会にも積極的に参加し、行政・福祉・関係者等と協力しながら地域課題の解決に取り組み一人ひとりが地域で安心して生活できる町づくりを目指していきたいと思っています。

※ 相談料は無料です。

施設概要

Profile

名称

生活支援センターおはな

事業内容

障がい者相談支援事業

所在地

〒 639-0201
奈良県北葛城郡上牧町片岡台2-6-10 ダイコープラザ1F

電話番号

0745-43-5513 (※ 受付時間 9:30 ~ 17:30)

FAX

0745-43-5513

備考

採用情報

Recruitment information

─ 私たちが求める人材 ─

成長する"喜び"を共に感じる

できなかったことが、できるようになる喜びを一緒に感じる。
ご利用の方々も、支援するスタッフも。それぞれが得意なことを、のばす。つなげる。
在友会では、私たちと共に成長できる人材を求めています。

求人概要について