あぐり

就労継続支援 B 型 / 生活介護

「あぐり」ではフレンズまきばの就労継続支援B型と生活介護のサービスとして、障がいのある方へ農業を通じて就労と生産活動の機会を提供しています。開設当初から、農業と福祉の連携、いわゆる、『農福連携』にいち早く積極的に取り組み、いちご栽培をはじめとする農作物の栽培・加工・販売と6次産業化(※)を達成。また、地域の小学生と共に、さつま芋堀や田植え体験を通して、「農」と「福」に触れる機会づくりに励んでいます。
(※ 生産者(1次産業者)が加工(2次産業)と流通販売(3次産業)まで取組み、生産物価値の向上を生み出すこと。)

共に汗をかき、共に笑い、共に泣き、 共に成長することを目指す

近年、農業の現場では、少子高齢化などにより農業生産活動への担い手は不足しており、農地の維持管理には大変な労力が必要な現状です。また、地域で受け継がれてきた「食」をはじめとする豊かな資源を活用して新たな需要を発掘するとともに、地域農業の一助になればという想いから、奈良県産のいちご「アスカルビー」を栽培する運びとなりました。
現在では、この「アスカルビー」のノウハウを軸に、同じく奈良県産のブランドいちご「古都華(ことか)」の栽培にも着手。6棟のビニールハウスには、利用メンバーさんの丁寧な手入れが行き届き、光沢のある赤色、糖度が高めで深みのある濃厚な味わいに仕上がっています。
また、毎年2月~5月にかけて一般向けに「いちご狩り」を開催。近隣住宅地よりアクセス抜群と、好立地で、ご家族連れから子供会などの団体様までご好評頂いております。

季節ごとに“収穫のよろこび”を感じる

利用メンバーさんの活動は、農作業を中心に販売や配達、納品など多岐にわたります。屋外での作業が中心となるので、開放感があり、働く自由度も高いのが特徴です。病気に負けない強い身体と精神力、自信や生きがいづくり、そして、集団で働くことでの協調性に繋がります。農園には、いちごのほかにも、ブルーベリーやイチジクの木もあり、季節ごとに“収穫のよろこび”を感じることも出来ます。
また、利用メンバーさんが健康に暮らしていくために、体力作りと余暇活動を兼ねて、登山や海水浴場などに出かける機会も設けており、日々の活動の気分転換・リフレッシュとなっています。

農産物直売所「まほろばキッチン」や県内道の駅で販売

畑で採れた農作物は、パックや袋詰めを行い、農産物直売所「まほろばキッチン」や県内道の駅、及び、当事業所の「スイーツたんて」にて販売。施設の食事にも活用され、みんなの「おいしい!」に繋がっています。こうした、日々の頑張りを、実際に味わえ、実る瞬間が見れることは格別です。
また、加工場ではいちごジャム、いちご大福、いちごロールケーキ、さつまいもチップス、などに調理し、梱包。すべての工程で、障がいのある方と一緒に作り上げています。
メンバーさん、スタッフ、自慢の「いちご」、「野菜」、「加工品」等。ぜひ、ご賞味ください。

施設概要

Profile

名称

あぐり

事業内容

就労継続支援B型 / 生活介護

所在地

〒 639-0214
奈良県北葛城郡上牧町上牧900-1

電話番号

0745-76-1111

FAX

0745-76-6682

備考

採用情報

Recruitment information

─ 私たちが求める人材 ─

成長する"喜び"を共に感じる

できなかったことが、できるようになる喜びを一緒に感じる。
ご利用の方々も、支援するスタッフも。それぞれが得意なことを、のばす。つなげる。
在友会では、私たちと共に成長できる人材を求めています。

求人概要について